最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2008年03月09日

■ ホワイトソングを終えて

ホワイトソングが閉幕して早4日。
(親知らずを抜いて早2日...)
それまでの日常は過去になり『今』を過ごしてます。
いつもながら時間の流れってのは不思議なモンです。
早く感じたり、遅く感じたり、一定に感じたり。
ま、人間の都合でそうゆう感覚になるんだろうけど。

思い返せば今回も大変でした・・・。
去年より勝手が分かる意味では楽な部分もあったけど、
去年より上を見てるから求められるモノは大きかった。

インスト曲は去年みたく生音のみでの見せ方とは違い
打ち込みで業務レベルまでFIXさせなきゃいけない曲多数。
稽古に合流してからも夜帰ってから延々と作ってました。

歌モノは7人組のバンドサウンドを3ピースにて演奏。
3ピースで一番映えるエモアレンジを狙うも規制に掛かりNG。
『舞台』『ミュージカル』って言葉をもう一度吟味しなおし
"自分の好み" と "音楽だけで聴かせられるアレンジ" を捨てる。
勇気がいる事だったけど、逆に何かが分かった気がした。

現場に入ってからもこれまた色々大変で・・・。
まず最初にやったのは歌モノ4曲の移調(半音上げ)でした。
合宿で何となく作ったフレーズは開放弦と共に封印され、
ロックな響きだったEの曲は半端にせつないFになった。

色々事情があったみたいだけど、正直これはきつかった。
高校〜専門2年くらいまでやってたベースを持ち出して
錆びてた弦を張り替えて、反りまくったネックを直して、
束の間のエセベーシストに戻った自分ですからね!(-_-;
鍵盤を基礎に理論が入ってる自分にC→C#はムリっす。

・・・とまぁ、色々大変だったホワイトソング。
細かい曲のレビューはまた改めて書くとして、、、

観劇して下さった皆様。
来れないけど応援して下さった皆様。

本当にありがとうございましたっ!!!!!

賛否両論だったホワイトソング。
言い出してしまえば色々な意見がありそうだけど、
今作品に関しては観て頂いたお客様の中に何かが残ったら
本公演は大成功だったんじゃないかなって思います。
そして、ホワイトソングはまだ続いてく作品なので
今後どんな風に変わってくのか僕も楽しみにしています。

カモン、エンジョーイ!!(≧▽≦)


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.