最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2008年03月03日

■ 東京タワー

『ホワイトソング』残りあと4ステージで幕が閉じます。
いつのまに!?ってくらいここまであっと言う間でした。
特に半分を折り返してからは早かった気がするなぁ…。
もうすぐ日常になりかけてたこの生活が終わるんだ。

終演後すぐいつものPCに向かっての作曲Daysに戻るので
その時には自分の中のホワイトソングに辿り着いていたい。
18ステージを通して生まれるであろうこの『歌』の先に。

最後まで精一杯頑張りますので、宜しくお願い致します!!


さて、話は変わりますが、先日『東京タワー』を見ました。
リリーフランキー原作の映画の方です。オダギリさんの。
お世話になってる映画監督が助監として参加されてたので。
(本当は上映中に行きたかったんですけど、すいません…)

「今さら?」ですけど、実は原作も2時間SPもドラマも
何も見てなかったのでようやくどんな話か知ったワケで…。

いやいや…。もう、めちゃくちゃになりましたよ。涙腺…。

『大切な人が元気でいてくれる。その当たり前な幸せ』

僕はそれを改めて感じる程見失った生き方はしてないし、
むしろ常にその幸せを感じようとして生きてるつもりです。
それが座右の銘ってくらい色んな事の原動力にもなってます。

だから、作品を通してメッセージ的な部分を受け取るよりも
『幸せを失う絵そのもの』がただ純粋にきつくて、苦しかった。
映画を観るって意味ではある意味一番ストレートな受け方。
なんか妙にオカン像がかぶっちゃったのも原因だろうなぁ…。
浅見家は家族の仲が良いので。

ふぅ。。。

音楽は時代と感情を映しながらも主張しすぎずって印象。
ただ、どことなくオカン目線な気のする優しい音でした。
さすが日本アカデミー賞取るだけの事はありますわなー。

ほんと、良い映画でした。(^-^)
愛の大切さ、温かさ、尊さを改めて感じました。


人間同士が作り、動かす社会。
結局全ての起源も『愛』なんですよね。
『今』って時代を鋭くえぐる『ホワイトソング』も
一番のメッセージは『愛』なんじゃないかって思います。
18ステージの先に生まれる『ホワイトソング』って歌は
もしかしたらシンプルなラブソングなのかもしれませんね。


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.