最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2007年09月22日

■ FULL MOON/レビュー

改めまして『FULL MOON』にご来場頂いた皆様、
応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!

今回の作品は『ライブシアター』って文字通りの
ライブと芝居が融合した全く新しいスタイルの舞台。
ストーリー的にもライブハウスで起きる話だったので
色々と身近に感じる事が多くて個人的にも面白かったです。

『自分のやりたい音楽』かぁ。。。
作曲家なら誰でもこのテーマには当たる時があると思います。
例えば、いわゆる商業音楽の作曲仕事をしてる時とか…。
そうゆう線の中で自分の音を出す事が職業作家な訳だけど、
自分も例外なくありましたねぇ。色んな葛藤した事が…。
今はそうゆう枠も楽しみながら出来るし、好きですけどね。

好きな音をそのままゼロから産み出すのは絶対楽しいけど、
舞台でも映像でも『何かの作品との出会いによって産まれる音』
ってのも本当に楽しいし、良い曲になったりするんですよね!
相乗効果とゆうか、イメージの連鎖とゆうか、、、うん。

これから先、どんな本に出会って、どんな音に導かれるんだろう。
自分でも全く想像がつかないからこそ余計にワクワクします!

来月、とある映画音楽を担当します。
詳細はまだ出せませんが、すごく大きな作品です。
どんな音が出て来るんだろうなぁ。。。
まだ監督から概要をチラッと聞いただけって段階なのに
ハッキリと感じます。かつてない音が出て来るって予感を…。
そうゆう発注だったし。(笑) いやー、楽しみだなぁ!!!

さて、、、前置きが長くなりましたが、
ここから『FULL MOON』のレビューを書こうと思います。
本当は舞台が終わってからすぐに書きたかったんですけど
別仕事との折り合いから書けず、動けず、寝れず状態で…。
遅くなりましたが、観劇して下さった方はぜひ、
舞台のシーンを思い返しながら読んでみて下さい♪♪

今回、自分が担当したのは10曲。
オーディションシーンの歌モノ3曲。インスト4曲。
FUNKIST曲のプログラミング〜リアレンジを3曲。
つまり、岡本早苗さん(@さつき)のオリジナル曲以外は
全て浅見武男のフィルターを通ってった音楽たちでした。

----------------------------------------------------------------------
■1曲目:SOS

FUNKISTの楽曲。(アルバム『THANKIST』より)
一聴した瞬間ロック系ファンクのイメージが降って来たので
そうゆう方向にアレンジしちゃおうと思ってたんですが
すでに振り付けが入ってると聞き、あえなく断念…。(>_<)
結果、原曲ベースにピアノを加えたアレンジで出しました。
ただし、リズム面は結構凝りました。方向性に悩んだ末
クラブ系の4つ打ちにガラージロックなスネアをミックス!
このアンバランスさが逆にうまく当たってたみたいで
FUNKIST西郷さんも気に入ってくれてました。ほっ…。(笑)


■2曲目:再会(カントリー系のインスト)

今回インストは「一つメインを作って、その中のメロディを
場面ごとのイメージに寄せたアレンジに変えて使おう!!」
って話が最初からあったので、メインのインスト曲には
メロディパートが3セクションあります。何気に尺は8分…。
この曲はそんなメインインストのメロディを持ってきて
カントリーミュージックにアレンジしたナンバー。
個人的にはボトルネック奏法がお気に入り♪♪


■3曲目:慶介とさつき(アコギソロのインスト)

直前でさつきがアコギの弾き語りをしてるって部分から
「インストもアコギソロで!」と演出の臣太朗さんより。
バンドが稽古に入った7日の夜、イメージ曲をもらって
(この時はメインインストしか上がってなかったんです…)
急ぎアレンジ版のインスト3曲を用意したんですけど、
「アコギソロの曲を打ち込みでFIXさせるのはさすがに
ちょっとムリが…」って事で、急遽レコを入れました。
久しぶりに2日徹夜しましたょ………。


■4曲目:私はどぶの中/どぶ

初打ち合わせで「ゆずみたいな曲」って言われました。
ゆずかぁ…。アコギで、爽やかで、上ハモリで、、、
…と、色々音楽的なポイントを埋めてみたんですけど
案外そうはならなくて! やっぱりあの『声』じゃないと
あの雰囲気にはならないんですねぇ。ゆずスゴイじゃん!w
最終的には曲名の『私はどぶの中』がそのままサビメロに
乗るようにしつつ、ただただ爽やかに作ってみました。
演奏中はいつもBメロで笑いそうになってました。。。


■5曲目:菊の花咲く頃/宝図鑑

80〜90年代のハードロック+ちょっとコア風味な1曲。
これ、舞台では歌い出しでカットになっちゃったけど
本当はちゃんと最後まであったんですよー。(^^;
ラストは2バスで大絶叫って絵になるイメージだったから。
実は、パロディ元の某曲もちゃんと知らなかったので
TSUTAYAで借りて聴きながら打ち込みました。
脚本通り、本当にインスパイアされて書いたのは僕です。


■6曲目:あなたのお腹はプッチンプリン/吉野さつき

今風なクラブサウンドに、ラテンの隠し味と
80年代アイドル風メロディラインを乗せた楽曲。
曲名も、舞台の話の中でもボロクソな扱いを受けてたけど
ハッキリ言って、めちゃめちゃキャッチーな曲です!!
ちゃんとしたらコンペにも通るんじゃないかなぁ。
少なくとも個人的にはそう思います!!
…と、自分で弁護。(笑) だって曲が可哀想過ぎ…。(T_T)


■7曲目:康彦の思い(ピアノのインスト)

メインインストのメロディを使った1曲です。
康彦が大介を思う優しさをそのままピアノに渡した感じの曲。
特に書く事が浮かばないくらいサクッと出来ちゃった曲。
こうゆうピアノと弦の優しくせつない曲って得意なんです☆
チェロの音が気持ち良かったなぁ〜〜〜。


■8曲目:月光(メインインスト)

「GO NOWの時の『想い』みたいな曲」がお題。
分かり易くて嬉しい発注ですよね♪ 自分の曲がお題って。
もう前述してる通り、3セクションのメロディを作って
ピアノと弦を中心に直球な"泣きインスト"として上げました。
最近作るインスト曲って斜めから入る音が多かったので
この曲を作ってて原点回帰出来た気がしてよかったなぁ
、、、ってのは個人的な話ですが。(^^ゞ

ーフルムーンのメンバーがもう一度月として輝くようにー

そんな願いを込めて、今曲名を付けました。(笑)


■9曲目:FLY HIGH/上野慶介

FUNKISTのJOTARO氏が作詞作曲した楽曲。
送られてきたデモから音を拾って細かくプログラミング!
原曲がギターリフからだったからイントロをリアレンジ。
舞台はドラムのオケに合わせて演奏するカタチだったから
ギターからだとちょっと色々と難しいんですよね…。
同期の方法もなくはないけど、リハの時間もなかったし。
という感じで、この曲はあまり余計な事はしませんでした。
シンセもロック色が薄れるからあえて入れなかったし。
ギターは豊田が勝手に色々変えていましたが……。
こうゆうビートロックは高校を思い出します。^^


■10曲目:フルムーン/FULL MOON

FUNKISTの染谷西郷氏が作詞作曲した楽曲。
これも送られてきたデモから音を拾って作りました。
最初のデモの時点からもう曲の良さが滲み出てて……
多才なバンドだなぁ。。。 本当に良い曲!!(T_T)
アレンジも一通り出来てたので、僕の方では
ギター, ベース, ピアノで見せれる一番良い形に寄せつつ
すごいエモーショナルなメロディラインだったから
その感情をより際立たせられるようにリハーモナイズ、
さらにストリングスを追加、他細々フレーズを編集。
などといったプログラミングをさせて頂きました!
演奏しててすごい気持ち良かったですっ♪♪
ちなみに、本当の曲名は『三日月トリップ』だったり…。
----------------------------------------------------------------------

ハイ! 裏話兼、レビューは以上になります。
大分長くなっちゃいましたねぇ〜。(笑)
ここまで読んでくれたそこのあなた!!
ありがとうございましたっ!!!<(_ _)>

今回『FULL MOON』に携われて本当に楽しかったです!
まぁ、RMP絡みはいつも楽しいんですけどねっ☆

舞台とはいえ、実際にライブをした事も楽しかったです!!
久々だったなぁ〜。……鍵盤でライブした記憶はないけどw

ちなみに演奏した曲、ベーシックはある程度入ってたけど
細かいトコは毎回アドリブでした!ノープラン!(^O^)v
これがね、楽しいんですよー。音で遊ぶってゆうか。
どう展開しようとか、さっきのフィルよかったなとか。
SOSはコード進行が手に馴染まなくて弾きづらかったけど…。
今後演奏する機会が増えそうだから練習もしておかないと…。

とにかく、これからも幅広い視野で頑張っていきます!!

ご来場頂いた皆様、応援して下さった皆様、
本当に、本当にありがとうございましたっ!!!!!

最後に楽屋の写真です。
まるで監獄のようでした。気分は『es』(笑)

200709161138000.jpg


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.