最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2007年02月22日

■ ロッケンロールファイヤー!!

先日のプレビュー公演を経て、本日無事に初日を終えました。
まぁ、僕は演劇畑の人間じゃないので「プレビュー」「初日」
と書いても、あまりその違いにはピンと来ないんですが。(笑)
両方お客様がいらしてる時点で「同じ本番」みたいな感じ…。

観劇して下さった方々、どうもありがとうございました!!
ミュージカルは楽しんで頂けましたでしょうか。(^-^)
バンドブースからはあまりお客様がハッキリ見えないので
ちょっと、、、いや、かなり気になる所です。。。
また、実は外音がどんな風に鳴ってるかも知りません。(笑)
今回は演奏者としても参加してしまってるので
チェック出来なかったんですよね……。
まぁ音響の方がプロの中のプロ、超大御所な方なので
全く心配はしてませんが。純粋に「聴きたい」みたいな。^^
そう。『GO NOW』の時は曲を納品したら客として
外から見れたけど、今回はそれが出来ない……。
そこだけは正直めちゃめちゃ残念に思います!!!
それほど良い舞台だって信じて疑わない証拠です♪♪

さてさて、今回もまた『FUNKIST』さんの曲を
ざっくりとアレンジさせて頂きました〜。
前回はオーケストラ、今回は文字通りロック仕様。

劇伴の作編曲は基本的に「職人作業」になります。
クライアントのイメージを最優先にした上で、
そこから先は自分なりの解釈・アイデアで
遊べる部分で遊びつつ、曲を作っていきます。
だから一通りのジャンルに対応出来なければ作れないし、
頭の中で「どの音がどう鳴ったらどんな風に聴こえる」
といった構図をリアルに描けないと不都合も出てきます。

……と、今回も例外なくそのレール上で制作した訳ですが
正直、その過程はかなり大変でした。はい。。。(笑)
打ち合わせの対象が途中で主催の西川たけしさんから
演出の菅野臣太朗さんに代わった事から出てきたズレ。
稽古が進んでくにつれてイメージが変わって出てきたズレ。
そうして色んな要素が絡み合った結果、最終的には
最初に作ったverと全く別のアレンジが決定版になりました。
だから、実はそれぞれの曲に2〜3タイプあったりします。
残念ながら公開は出来ないんですが……。(>_<)

とにかく、そんな過程を経てどんどん変化してって
出来上がったのがこのアレンジ達なんです。
なので、最後まで大切に演奏しようと思います!!
…中にはほぼセッションな曲もありますが…。(笑)

公演が終わったら裏話や全曲のレビューも落としますね。

それにしても『白い世界』は演ってて気持ち良い・・・。
ドラムが行くとベースも行きたくなりますわ。(^m^)


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.