最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2007年02月18日

■ 集中稽古

この3日間、ロックミュージカル稽古場の某スタジオで
キャスト・スタッフさんと合流し、色々とやってきました。
芝居と音が絡むシーンごとの場当たり〜通し稽古など。
モニタリングが仮セッティングだったので
返しの音はともかく、きっかけが分かりづらくて難しかった。
けど、そこはバンドのサポートやスタッフさんの気遣い、
キャストさんも声を張って稽古してくださってるので
「慣れる」って意味では逆に良かったなってしみじみ思う。
覚えておかなきゃいけない事もたくさんあったし、
本番までにきっちり集中して固めていきたい!!
そう………。 「固め」なきゃ………。

稽古中、曲ごとの大体のベーシックは入ってるものの
細かい所はほとんどアドリブでやってました。
何曲かはそれこそセッションな勢い。(笑)
演奏側としてはその方が毎回違う刺激があって楽しいし、
9回の公演ごとに微妙に違う音楽を演奏するってのは
逆に面白いと思うんだけど、やり過ぎは迷惑をかけ兼ねない。
これは「ライブ」じゃなくて「ミュージカル」なんだから…。
文字通りみんなの息が合ってこそのモノ。。。
自分の音ももう一歩詰めておこう!!

ってか、今更だけどなんで自分が演奏してるんだろう。(笑)
20歳位でバンドを辞めて以来ベースは全く触ってなかったし、
鍵盤も作曲時のアイデア捜しやリアルタイム入力をする位で、
ふと「本当に自分でいいのか!?」って思ったりする…。
他のメンバーはプレイヤー。でも自分はクリエーター。
技術がある訳でもないし……。うーん……。(-_-)

けど「自分のサウンドを出す」って意味では
大事なポジションでもあるし、自分の頭の中で想像する音は
自分にしかない音だから、ちゃんとやり遂げたいと思う。
信頼して任せてくれたみんなのためにも。。。

プレイヤーはコンピューターと違って各々の想像する音で
その時々の音楽を紡いでく。合宿から集中稽古を経て
バンドメンバーの音の方向も結構分かってきたつもり。
ハッキリ言って、みんなの音はすごく好き。
こんな仕事が早くて感覚的にも精神的にも安心出来る
メンバーってそうそういるモンじゃないと思う。
同じ曲でも仲間が違うと全く別の音楽になるから
そういう意味でも楽しいし、すごく幸せに思う。
我ながら良いメンバーを集めたもんだ。(^_^)

それはそうと、実際に演じてる役者さん達を見てて
改めて「すげぇ……。」と思った。。。
本当にスイッチがあるんじゃないか!?って位切り替わる!
「到底自分には出来ないなぁ……。」とつくづく思いました。
とゆうか、その前にまず暗記が出来ないだろう。

記憶術やってたんだけどなぁ〜。


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.