最近の日記
2007年02月28日 リスタート!
2007年02月25日 ロックについて
2007年02月22日 ロッケンロールファイヤー!!
2007年02月18日 集中稽古
2007年02月12日 回想録 -memoirs-
過去ログ

2007年02月28日

■ リスタート!

1コ前の日記、何が書きたいのか全くもって
意味が分からんかったので修正しました。(笑)
半分寝ながらタイピングしてたからな・・・。
半分寝ながらと言えば、今日の仕事中も・・・。(^_^;

いや、久々にシーケンサーをいじった気がする。
実際「気がする」じゃなくて久々だったんだけど。
Cubaseのショートカットが一瞬分かんなかったからなー。

さて。そんなですが、今日からまた作曲に戻ります!
本当に楽しい仕事だったし、みんなすごい良い人達だったし、
正直まだステージの余韻の中にいる自分もいるんだけど、
そこはきちんと切り替えていかないとっ!!!
これからもみんなとは色んなカタチで絡んでいけるんだから、
今自分は自分の道をしっかりと進んで成長を続けていかないと。
また交わる時により大きな何かを産み出せるように・・・。

何気に3月も結構ハードになりそう。
上旬は主にレコと一時停止してた曲書きに追われ、
中旬からは新しいプロジェクトに入ります。
他にも個人的に企ててる事が複数あるので、
体調管理に気をつけつつ頑張ろうと思います。
詳細は順次発表していきますねー。
もちろんミュージカルの話も織り交ぜつつ。(^_^)

とりあえずコレ、バンド楽屋の風景です。
最初の2〜3公演を無事に終えて以来、
ギターの豊田とドラムの尾村はほぼ寝てました。
結果、ヒマになった自分とギター&ベースの金子は
くだらないトークでアホみたいに盛り上がるか、
サブで置いてたギターを使って即興替え歌を作って遊ぶか、
そんなんばっかしてました。。。

gakuya.jpg

2007年02月25日

■ ロックについて

時間が経つのは早いモノで、ミュージカルも明日…
から日付が変わって、今日で「千秋楽」を迎えます。
早い!本当に早い!!プレビュー公演が昨日の事のように
思い出せるのに、もう終わってしまうのか………。
先月中旬くらいから取り組んだ長丁場の仕事だったけど
「長い」と感じた事は一度もなかったなぁ。
大変な事も多かったけど、それ以上に楽しかった。
うん。本当に楽しかった!!!!(^_^)
物事には常に始まりと終わりはあるけれど、
分かっていても寂しく思ってしまう。。。
もっとたくさん演っていたかったな。。。
ロングランか…。すごい楽しそう〜!!(しみじみ)
その“時”が今から楽しみです♪♪

さて、今日はちょっとロックの持論を語ります。
パンフレットに「あなたが感じるロックの瞬間は?」
ってな質問があるんですが、真面目に書いたつもりが
軽くスベった風になってるので、ココで補足を……
というワケです。(^_^;

ロックってのはいくつか捉え方があると思います。
細かくいくと音楽的、精神的で捉え方が割れてしまうので
とりあえず音楽側から書き進めていきます。

ロックは一言で言えば『感覚で聴く音楽』だと思う。
ハード、ラウド、エモ、コア、UK、オルタナ、グランジ、
今ザッと書いただけでもコレだけ出て来ました。
30秒くらい考えたらもっとどんどん出て来るハズ。
つまり、音楽的には「ロック」ってのはすごく大きな括りで
まとめたジャンルの総称でしかないって事。

では何故それぞれに「ロック」って言葉が付くのか?
それは、全てに共通している部分があるから。
ココで初めて精神的な部分に繋がってくる。

自分のイメージでは『唯一無二の信念を貫くスタンス』
、、、って感じが一番近いのかな??
俗に言う『スピリット』みたいな。。。

『ロック』は一見音楽用語になってるけど、
必ずしも音楽に依ったモノではないと思う。
だから「ロックな瞬間」って聞かれても
音楽的にか精神的にか正直分かんないし、
掘り下げようにも、音楽で言うなら感覚(好み)によって
“ロック”は十人十色のモノになるし、
精神的に言うならさっきの話に繋がってくし。
ただ共通してる……とゆうか、
元になってるのは強い信念的なモノって思う。

結果、出て来た答えがアレなんだけど。。。

難しいテーマだなぁ…。

けど、一つ思うのは、本当にロックな人は
自分で自分をロックとは思わない気がする……。
『カート・コバーン』や『シド・ヴィシャス』だって
自分がロックだなんて考えながら生きてなかっただろう。
自分のスタンスを頑に信じて貫いて生き抜いた結果、
後から神がかった名声が付いてきたんじゃないかな。
もちろん当時からカリスマだった事も踏まえて。

ロックに定義なんてない。決まりもないし
「コレをやったらロック」みたいな枠もない。
すると、無心でひたすら生き抜く瞬間ひとつひとつが
それぞれのロックに一番近いんじゃないかって、
そんな風にも思えてくる。

そういう意味で、このロックミュージカルは
全てが本当に「ロック」だと思う。
7年越しの夢をひたすら信じ抜いてプロジェクトを
作り上げた西川さんを始め、キャスト・スタッフの想いが
重なったこのステージに立てる事を本当に嬉しく思う。

今日のラスト2公演でロックミュージカルプロジェクトVol.1
『ロッケンロールファイヤー!!』は幕を閉じてしまう。
精一杯楽しんで来ようっ!!!(^_^)

皆様、どうぞヨロシクお願い致します!!!

まとめると、自分にとっての「ロック」は
『唯一無二の信念を貫くスタンス』
『無心でひたすら生き抜く瞬間ひとつひとつ』
とゆう事になったっぽい。(笑)

精一杯自分を信じて生き抜くその等身大の姿こそが
それぞれの「ロック」なんじゃないかなと、そう思った。

それが俺達の、ロッケンロールファイヤーだ!!

2007年02月22日

■ ロッケンロールファイヤー!!

先日のプレビュー公演を経て、本日無事に初日を終えました。
まぁ、僕は演劇畑の人間じゃないので「プレビュー」「初日」
と書いても、あまりその違いにはピンと来ないんですが。(笑)
両方お客様がいらしてる時点で「同じ本番」みたいな感じ…。

観劇して下さった方々、どうもありがとうございました!!
ミュージカルは楽しんで頂けましたでしょうか。(^-^)
バンドブースからはあまりお客様がハッキリ見えないので
ちょっと、、、いや、かなり気になる所です。。。
また、実は外音がどんな風に鳴ってるかも知りません。(笑)
今回は演奏者としても参加してしまってるので
チェック出来なかったんですよね……。
まぁ音響の方がプロの中のプロ、超大御所な方なので
全く心配はしてませんが。純粋に「聴きたい」みたいな。^^
そう。『GO NOW』の時は曲を納品したら客として
外から見れたけど、今回はそれが出来ない……。
そこだけは正直めちゃめちゃ残念に思います!!!
それほど良い舞台だって信じて疑わない証拠です♪♪

さてさて、今回もまた『FUNKIST』さんの曲を
ざっくりとアレンジさせて頂きました〜。
前回はオーケストラ、今回は文字通りロック仕様。

劇伴の作編曲は基本的に「職人作業」になります。
クライアントのイメージを最優先にした上で、
そこから先は自分なりの解釈・アイデアで
遊べる部分で遊びつつ、曲を作っていきます。
だから一通りのジャンルに対応出来なければ作れないし、
頭の中で「どの音がどう鳴ったらどんな風に聴こえる」
といった構図をリアルに描けないと不都合も出てきます。

……と、今回も例外なくそのレール上で制作した訳ですが
正直、その過程はかなり大変でした。はい。。。(笑)
打ち合わせの対象が途中で主催の西川たけしさんから
演出の菅野臣太朗さんに代わった事から出てきたズレ。
稽古が進んでくにつれてイメージが変わって出てきたズレ。
そうして色んな要素が絡み合った結果、最終的には
最初に作ったverと全く別のアレンジが決定版になりました。
だから、実はそれぞれの曲に2〜3タイプあったりします。
残念ながら公開は出来ないんですが……。(>_<)

とにかく、そんな過程を経てどんどん変化してって
出来上がったのがこのアレンジ達なんです。
なので、最後まで大切に演奏しようと思います!!
…中にはほぼセッションな曲もありますが…。(笑)

公演が終わったら裏話や全曲のレビューも落としますね。

それにしても『白い世界』は演ってて気持ち良い・・・。
ドラムが行くとベースも行きたくなりますわ。(^m^)

2007年02月18日

■ 集中稽古

この3日間、ロックミュージカル稽古場の某スタジオで
キャスト・スタッフさんと合流し、色々とやってきました。
芝居と音が絡むシーンごとの場当たり〜通し稽古など。
モニタリングが仮セッティングだったので
返しの音はともかく、きっかけが分かりづらくて難しかった。
けど、そこはバンドのサポートやスタッフさんの気遣い、
キャストさんも声を張って稽古してくださってるので
「慣れる」って意味では逆に良かったなってしみじみ思う。
覚えておかなきゃいけない事もたくさんあったし、
本番までにきっちり集中して固めていきたい!!
そう………。 「固め」なきゃ………。

稽古中、曲ごとの大体のベーシックは入ってるものの
細かい所はほとんどアドリブでやってました。
何曲かはそれこそセッションな勢い。(笑)
演奏側としてはその方が毎回違う刺激があって楽しいし、
9回の公演ごとに微妙に違う音楽を演奏するってのは
逆に面白いと思うんだけど、やり過ぎは迷惑をかけ兼ねない。
これは「ライブ」じゃなくて「ミュージカル」なんだから…。
文字通りみんなの息が合ってこそのモノ。。。
自分の音ももう一歩詰めておこう!!

ってか、今更だけどなんで自分が演奏してるんだろう。(笑)
20歳位でバンドを辞めて以来ベースは全く触ってなかったし、
鍵盤も作曲時のアイデア捜しやリアルタイム入力をする位で、
ふと「本当に自分でいいのか!?」って思ったりする…。
他のメンバーはプレイヤー。でも自分はクリエーター。
技術がある訳でもないし……。うーん……。(-_-)

けど「自分のサウンドを出す」って意味では
大事なポジションでもあるし、自分の頭の中で想像する音は
自分にしかない音だから、ちゃんとやり遂げたいと思う。
信頼して任せてくれたみんなのためにも。。。

プレイヤーはコンピューターと違って各々の想像する音で
その時々の音楽を紡いでく。合宿から集中稽古を経て
バンドメンバーの音の方向も結構分かってきたつもり。
ハッキリ言って、みんなの音はすごく好き。
こんな仕事が早くて感覚的にも精神的にも安心出来る
メンバーってそうそういるモンじゃないと思う。
同じ曲でも仲間が違うと全く別の音楽になるから
そういう意味でも楽しいし、すごく幸せに思う。
我ながら良いメンバーを集めたもんだ。(^_^)

それはそうと、実際に演じてる役者さん達を見てて
改めて「すげぇ……。」と思った。。。
本当にスイッチがあるんじゃないか!?って位切り替わる!
「到底自分には出来ないなぁ……。」とつくづく思いました。
とゆうか、その前にまず暗記が出来ないだろう。

記憶術やってたんだけどなぁ〜。

2007年02月12日

■ 回想録 -memoirs-

ひたすら楽器を弾いてた。

高校の頃とかこんな感じだったかもしれない。
学校から帰ったら着替えもせずにひたすら楽器を弾いて、
時々シンセ内蔵シーケンサーで曲を作ってみたりして、
気づいたら明け方になってて、こたつで寝て遅刻して…。
登校時間に友達からの電話でよく起こされてたっけな。
ソイツは今あるバンドでVo.Gtrとして頑張ってるんだけど
ちょうどうちから学校へ行く道の途中に住んでて。
「チャリを盗まれたから乗せてってくれ」と頼まれて以来
1年半くらい一緒にチャリ通してたっけ。懐かしいなぁ。
巻き添えでだいぶ遅刻させてた気がするけど……。(笑)
ってか、今考えるとチャリぐらい買えって思う話だな…。

登校してからは、授業中寝るか、譜面の暗譜をするか、
MDを聴くかで、先生に指されてもカンで乗り切る感じ。
テストもダメダメだったっけ……。(-_-;
特に数学とかは友達をラーメン一杯で買収して
基本的な方程式だけ教わって①②を解いて赤点を免れる
みたいな、、、結構サイアクだったなぁ……。

古い話になっちゃったけど、
ひたすら楽器を弾いてるとそんな時代を思い出す。
そして、専門を出てからはひたすら曲ばっか書いてたから
今妙に落ち着かない気分だったりする。。。
ミュージカルの音楽で何曲か作曲もしたし、
それ以外の場所でも密かに作曲はしてるんだけど、
部屋でどっぷり作り込むって行為から離れてるからなのか、
なんか落ち着かない。。。。。。

一つ改めて思うのは「作曲が好きなんだな」って事。
好きな事が出来るのってけっして当たり前な事じゃなくて
すごく贅沢で幸せな事。常に忘れないようにしたいと思った。

2007年02月10日

■ 合宿

先週の合宿から早1週間。(・・・早っ!!)
やる事・やらなきゃいけない事は相変わらずだけど
現状としては、おかげ様でだいぶ落ち着きました。
今はひたすらベースを弾き込んでおります。
ベースを弾くのなんて実に6年ぶりくらい。
指は動かないわ、皮は痛いわ、弦は錆びてるわ、
ホント泣きたい勢いっす。。。(T_T)
ブランクってモノは本当にあるんだなぁ……。

合宿の方は、無事に予定通りのスケで遂行出来ました。
内容的にはメンバーに音を覚えさせつつの集中リハと
簡単なレコーディングをしてきたんですが、
短時間で13曲入れてもらうのは大変かと思ってたけど
みんな「さすがプロ!」って感じで仕事が早かった。

>RMPバンドメンバー
お疲れさま!ありがとうっ!!

ちなみに、譜面作成は結局間に合いませんでした。;^_^)
結果、向こうで各曲のコードとその下にコードを弾き続ける
長さを数字で書く…という超ありえない譜面を渡して、
ラフに打ち込んだデモを聴かせながらの進行だったんだけど
ちゃんと演奏出来てたから驚きだった・・・。
みんな文句言いまくりだったけど・・・。(笑)
確かに、あの譜面で演奏するのは不可能だと思う。
自分で言うのもなんだけど、コレが別の仕事、、、
例えばスタジオでのレコーディングだったりしたら
確実にアウトだっただろう。。。
まぁそんな事は絶対しないし、ありえないけど。

とにもかくにも、今回はあまりに時間がなさすぎた…。
インスト3曲とか2時間で書いたしっ!(笑)
打ち合わせや台本から3曲のイメージがすでにあったから
良かったけど、なかったらどうなってたんだろう…。
よかったよかった。。。(^_^)

あとは細かい直しとちゃんとした譜面を用意したら
現場に入ってからの対応で大丈夫って状態なので、
詰めれるトコを詰めて、しっかりと準備をしておきたい。

さ、練習しよう。。。


2007年02月03日

■ ザメハ!

そろそろ作業時間が36時間を迎えます。
現在ナパームデスばりなブラストビートを聴きながら
断末魔の追い込み中。まだまだ叫ぶ訳にはいかない。
だって、まだまだ作業は山積み……。(T_T)
インスト2曲を作って、アレンジ1曲を見直して、
譜面を……えっと……12曲分くらいかな? …を用意して
今夜から入る合宿に持ってく機材も準備しなきゃ。
昼の12:00くらいまでには何とか終えないと
合宿に向かう道の中で生涯の幕が閉じてしまう気がする。
それはマズイ……。とてもマズイ……。(-_-;
もう頭がパンクしそう!ロックしなきゃいけないのに!
……うわっ。なんだそりゃっ!!(゜o゜
俺は何てしょーもないギャグを言ってんだ!?
頭を整理するために書いたのに。。。
とにかく頑張ろうっ!!!!(>_<)


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.