最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2006年05月22日

■ 楽曲レビュー

公開楽曲を入れ替えたので簡単なレビューを作りました。
それぞれの楽曲に対して簡単な解説や制作意図など、
いろいろ書いてありますので読んでみて下さい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1、birth

包み込む様な壮大なイメージのヒーリングソング。
弦とパーカッションを中心とした穏やかな響きと
バグパイプ等を取り入れたエスニックな響きが独特。
自分の中の『ヒーリング』を確率させた1曲。
癒される。。。


2、brilliance

テクノ, ポップの要素を含んだUK風味の打ち込みロック。
透明感溢れるサウンドが聴いてて心地良い。
どっかの山で星を見ながら歌詞を書きました。
等身大の自分の心を綴った唯一の曲。
(なんて言うと恥ずかしいね…)


3、El Dorado

Alto Saxをフィーチャーしたラテン系エレクトロニカ。
軽快なリズムと浮遊感のあるメロディが高揚感を誘う。
『黄金郷』って、本当にあるのかな??
やっぱり空想の産物?それとも心の中とか?
もしそうなら、ずっとたどり着きたくないかもなぁ…。


4、Dolly

アンビエントとイージーリスニングの融合。
and、歌モノとインストゥルメンタルの融合。
“クローン”をテーマにしたせつない歌詞と
感情的なピアノ、無機質なリズムが独特の世界を紡ぐ。
「人間に産まれてよかった」


5、想い 〜GO NOWより〜

舞台『GO NOW』の挿入曲。
ピアノと弦の優しくせつない響きが行き違う仲間たちを包む。
会場限定発売だったサウンドトラックよりの選出。
あの感動をもう一度…。

http://takeshi-net.com/mart/eizou.html


6、Lighting

ややエモーショナルなギターロック。
「自分は一人ぼっちだ」って決めつけてる人。
きっとそんな事はないと思うよ?
家族。友達。恋人。気付いてないのは自分の心だけ。
見えなくても空に星があるように…。


7、migratory bird

フュージョンとスムースジャズの中間的な楽曲。
ギタリスト豊田氏のプレイがかっこいい!
自由に空を飛べるのに生きるために海を渡る鳥。
羽はないけど自分で好きな生き方を選べる人間。
ーどっちが幸せなんだろう??


8、水鏡

琴や三味線など、代表的な和楽器を前面に出したポップス。
実は10代の頃に作った楽曲で、元々はインストでした。
何度もリアレンジを重ねて今のカタチになったため
ちょっと思い入れが強い曲でもあります。
この楽曲を通して風景が連想してもらえたらいいなぁ…。


9、reverie

テーマは光。空間的なサウンドが特徴のアンビエント兼、
音響系、インダストリアル等も混ざったゴチャゴチャな曲。
前半と後半の曲調が全く違うってトコもポイント。
というより、この構成がやりたいがために作った曲。(笑)
途中のボイスはサンプリング。メインのクアイアは……。


10、Limpid Garden

自分の手クセのままに作ったインストゥルメンタル。
歌い上げるサックスと流れるようなピアノが絶妙!
どう考えても曲と写真が合ってないのは微妙…。
手クセって事もあり、個人的にはかなりツボな1曲。
実は昔ある仕事でボツったものを大改造した曲でもある。


11、空

アコースティックギターの柔らかい音色と
Vo多美恵さんの優しくクリアーな声が気持ち良い。
『空を見上げて思いを重ねる』
いつの時代から繰り返されてる事なんだろう。
人にとって“空”って本当に大切なものなんだね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、少しは楽曲について分かってもらえたかな?
しっかし自分で自分の曲を紹介するのって苦手だな〜。
かなりサブイ事を書いてしまった気がするし…。(-_-;

ま、いっか。

ちなみに12曲目はまだ載せません。
・・・というより作りません。
いつ作るか、どんな曲を作るかはもう決まってるけど
それはその時に明かそうと思ってます。

というワケで、レビュー終了です。
長々とありがとうございました!<(_ _)>
僕の音楽を気に入って下さった方、
よかったらちょくちょく遊びに来て下さいねっ。^^


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.