最近の日記
2008年03月30日 春の雨
2008年03月25日 犬と私の10の約束
2008年03月18日 クラブとオペラ
2008年03月09日 ホワイトソングを終えて
2008年03月03日 東京タワー
過去ログ

2005年07月30日

■ 気分転換(つづき)

lake.jpg

時間は深夜。AM2:30を回った頃。
「どっか行きたい」って衝動のままに
ミッドナイトドライブへ行く事にしました。
目的地は山。こうゆう時って大抵一人だったから
「たまには誰か連れていこうかな」と思って
友人Sをムリヤリ巻き込みました。

出発!

軽く迷惑そうな雰囲気の漂う友人Sに対して
ドMな自分には珍しくサディスティックな血が騒ぎました。
まずはジャブから、、、

「車の中に特大クモがいるかもしんないから」

コレは事実な話。
先日千葉行った時の帰り、車内ででっかいクモを発見して。
かなりムリなサイズだったけど、そのまま乗せてる方が
もっとムリだったので何とか窓の外に撃退!
ちゃんと落下した事を確認して安心したかったので
車を停めて落ちたハズのクモを捜したんだけど、
どこにもいなかった…。それはつまり………。(怖)
その話を聞いた友人Sは
「なんでそんなモンがいんだよ!」
「聞いたトコでどっちみちいたらビビんじゃん!」
「…あ、それならもういないだろ。死んでる死んでる」
…と、饒舌になりました。
くっくっくっ。( ̄ー ̄)v

次は、ダメージが残るボディーブローを、、、

「目的地の前に通るトンネル、ヤバイから…」

コレも事実な話。
いや、正確にはどうなのか分かんないけど
少なくとも自分はそのトンネルを通るたびに背筋が凍る思いを
してました。あえてその名前は伏せますが…。
その話を聞いた友人Sは
「俺はそうゆうの霊感ある人が言わないと信じない」
「なんで霊っていつも今の時代の人なの?」
「なんで原始時代の人とか出てこないの?おかしくね?」
…と、さらに饒舌になりました。
ふっ。ビビってんじゃねーか。v( ̄ー ̄)v

そのまま走る車にいくつか不吉なサインが来ました。

1、目の前を良い感じで飛び舞った新聞
(その飛び方がまるで恐怖新聞!)
(フロントガラスにベタッと付かなくてよかった…)

2、浅見家式場の看板
(サイアクです。葬式の道案内看板なんて…)
(しかも、ターゲットは俺!?)

3、黒猫の死体
(黒猫=不吉はあくまで潜入的なモノですが)
(こう立て続けに見てきた後ではさすがに…)

………。
「浅見家式場」にドン引きだった自分。
いつのまにか自分自身がビビってるとゆう情けない事に…。

…そして、例のトンネルが見えました。
幸い外はもう明るくなってたので、たいしてビビらずに
済んだものの、やはり確実に違和感を覚えるこのトンネル…。
一体なんなんだろう…。素彫りだからかなぁ?
途中でいきなり照明が変わって、イヤな感覚に襲われて、
視線なのかなんなのか分かんないけど、背筋が寒いんですよ。
はぁ。もう…。
いつもならラブソングをかけて通る道だけど
男2人の車内でそんなキモイのはイヤなので、普通に通過。
とにかく何事もなくてよかった。
ってかあんまし考えるのはやめよう。逆に怖い…。(-_-;

山道のせいか、眠気のせいか、
横で大人しくなってる友人Sに絡み続ける事数十分。
やっと着きました。目的地の湖。
外は完全に朝。結構かかったなぁ…。
山の空気を吸って、湖を眺めて、
ついでに写真を撮ってから帰路に着きました。
帰りは道混んでるわ眠いわでもう〜!イヤでした。(-_-;

そんなこんなな夜のドライブ。
気分転換、、、出来たのか!?


Copyright (C) 2004-2007 Takeo Asami Corporation. All Rights Reserved.